検索
  • ないとう整形

日本整形外科超音波学会にて

名古屋で学会に参加してきました。珍しく土日で開催してくれるので開業医も少し遅れて参加できます。超音波とはあまり関係ないですが、IASTMという器機を使ったリハビリもあると初めて知りました。理学療法もいろいろ進歩しているのですね。あと、整形外科手術に麻酔も含めて超音波が大活躍している報告もありました。Bertolotti症候群についても有用性が報告されていました。当院でも役に立つものとしては、腋窩神経ブロック、坐骨神経ブロックですが、やはりコンベックスタイプのプローベが欲しいなと思いました。OCDではUSで骨病変ばかり見ていましたが、軟骨にも輝度変化がおこることを学びました。腰椎分離症では真相にPD+だが腰痛では表層にPD+と言っていたが鑑別できるのか疑問だ。変わった視点で運動器脱水症候群の話が面白かった。高齢者の頸部痛、腰痛の12%は脱水症でありハイドロリリースは局所の補液であるとの話。いずれにしても各所の解剖が大事ですね。富士整形の木島先生は第1肋骨疲労骨折の上肢脱力、肩甲骨周囲の痛みに対し腕神経叢ハイドロリリースの効果を発表していました。TOSの、30~4030~40%に尺骨神経障害を伴うことも報告がありました。尺骨神経や足根管、後骨間神経、伏在神経、腓腹神経にもハイドロリリースの有効性が示されました。木村先生の講演では動画で肩外旋障害のHRを烏口上腕靭帯に向け外旋ストレスをかけながら行っていました。膝伸展障害に対し、斜膝窩靭帯のHRが有用であるとのこと。多くの屈曲拘縮のOA患者に朗報です。

夜は大学の同級生を名古屋コーチンで乾杯して有意義な一日でした!有意義な一日でした!


67回の閲覧