検索
  • ないとう整形

医師とセラピストの運動器エコーセミナーin名古屋

2020年2月1日に「医師とセラピストの運動器エコーセミナーin名古屋」に行ってきました。セミナーでは最新のエコーに関する知見が示され、またリハビリテーションの考え方や進め方に関する内容もありました。



肩症例は腱板筋のうち棘下筋・小円筋の拘縮に由来するものが多いといい、棘下筋の硬さを反映する評価として「伸展+内旋位」、小円筋は「屈曲+内旋位」が良いとのことでした。これは臨床の場でもすぐ使える評価と言えます。また腱板筋exをする場合、これらの筋の硬さを改善してから行わないとObligate translationを引き起こしてしまうため、十分に腱板筋を促通できないとのことでした。上腕三頭筋が大円筋・小円筋と筋連結があるという内容もありましたが、近年はエコーの鮮明化でこのような知見が明らかとなってきているようです。


今回このセミナーに参加して、益々エコーの分野の報告には目が離せないと感じました。これら報告や解剖学に触れていくことの重要性を改めて感じました。またDr.と意見交換を行い、その中でリハビリテーションを考えていきたいと思いました。


PT 篠原

128回の閲覧