検索
  • ないとう整形

側彎症について


北里大学の高相先生の講演会がありました。主に側弯症の講義内容でした。椎体骨切りやpedicle screwのお話でしたが、脊椎外科らしいダイナミックな手術動画を見せていただきました。Cobb角40度以上(胸椎)は手術の適応、25度までは装具の適応であるが、手術症例は100万人に1人とのことであった。それほど稀ではないと実臨床では思いますが、、、。腰椎では35度以上で手術とのことです。側彎症は女性では1/50、男性では1/1000と、女性に圧倒的に多い疾患です。外来でも学校検診の結果来院される患者が多いです。装具療法は根気がいる治療で1日のうち23時間、つまり風呂以外はつけなければならない過酷な治療です。身長の伸びが年間1cm以下になるまで経過観察が必要です。実臨床にとても役に立つ内容でした。

北里大学は富士宮や富士に医師を派遣してくれておりこれからも静岡県東部の医療に貢献してもらいたいと思います。懇親会では千葉大整形外科のパワーを感じました。

60回の閲覧