検索
  • ないとう整形

オルミエント全国講演会


今日は東京でJAK阻害剤であるオルミエントの講演会でした。竹内先生や田中先生という全国でも錚々たるメンバーな中に同門の鳥飼先生がいたので少し嬉しかったです。内容としては竹内先生はリウマチと診断確定される前、つまりUAとかpreRAの段階でMTXをはじめとするDMARDsを使わなければ15%から20%いるdifficult to treat RAを治療することは難しいとのことです。滑膜細胞や線維芽細胞の役割もだんだん解明されてきているとのことです。臨床的寛解が得られていても分子細胞レベルでは寛解になっていない可能性もあります。つまりそにレベルまで深い寛解を得られていないと真の寛解ではないということです。オルミエントは低分子化合物なので抗体ができにくい利点もあり、bio naive でもセカンドbioでも効果があることが確認されています。また患者VASが良いことも特徴的です。ただいいことばかりではなく、重篤な感染症、帯状疱疹、長期レベルでのリンパ球減少、コレステロールやCKの上昇、深部静脈血栓症の合併には注意が必要です。 懇親会では浜松医大第三内科の先生ともお話できて有意義な1日でした。

iPhoneから送信

69回の閲覧