​もっと見る

See more NAITO SEIKEI?

​ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう

​腰部脊柱管狭窄症

日本では高齢化社会を迎え、罹患患者さんが多くなってきています。患者数は全国で約240万人とも報告されています。

特徴的な症状は”間欠性跛行(かんけつせいはこう)”があり、歩いていると腰の痛みや足の痺れが出てくる症状です。また、座って休んだりすると症状が回復するのが特徴的です。

IMG_3805.heic

加齢や姿勢の変化により腰の骨同士の間隔がが狭くなったり、後方に腰の骨がすべったりすることにより、神経や血管が圧迫されておこります。足やお尻に痛みや脱力感などの症状を起こします。

重症の場合、排尿障害が発生します。

内服や注射などの治療に加え、体の中心の筋肉(インナーマッスル)を運動させることも重要です。体の安定性を向上させ、歩行時の痛みや痺れの改善を目指すことが可能です。

​詳しくは”PT”をご覧ください。

​もっと見る

See more NAITO SEIKEI?