​もっと見る

See more NAITO SEIKEI?

​ゆうつうせいがいけいこつ

​有痛性外脛骨

外脛骨とは、足の内側にみられる過剰骨(余分な骨)です。

約15%の人に存在するとされ、扁平足のある患者に発生する傾向があります。

そのなかでも、痛みを伴うものを有痛性外脛骨といいます。

10〜15歳に多く​体重増加・運動量の増加などが関係するといわれています。

IMG_0129_edited_edited.png

​ふくらはぎの後ろ辺りから、内くるぶしの下あたりまである”後脛骨筋(こうけいこつきん)”が原因です。扁平足により後脛骨筋が引っ張られ、それ以上引っ張られないように筋肉が縮もうとする為、足の内側の骨が引っ張られ痛みを生じます。

足の内側に骨の出っ張りがあり、スポーツ後などに痛みを訴えます。

当院ではインソールを作成したり、体外衝撃波での治療を行います。

​また、自分で出来る予防として、テーピングや後脛骨筋のストレッチなども効果的です。

​もっと見る

See more NAITO SEIKEI?