​もっと見る

See more NAITO SEIKEI?

​そくていけんまくえん

​足底腱膜炎

足底腱膜はカカトから足の指の付け根まで張る強靭な腱の膜で、足のアーチを支えたり、衝撃を和らげるクッションの役割を担っています。

長時間の立ち仕事による疲労や加齢、スポーツや扁平足など様々な原因によって足底腱膜に過剰なストレスが加わり、足底腱膜炎が起こります。

​「朝起きてからの最初の一歩目が痛い」や「歩き始めが痛い」などの症状が特徴的で、

​他にも「何か踏んだ感じがする」「ジンジンする」といった症状を訴える方もいます。

​治療の第一選択は手術を行わない保存療法(​痛み止め・インソール・ストレッチ)で、

約90%は症状が改善するとされています。

またステロイド注射、体外衝撃波、PRP療法も有効とされており、

当院では体外衝撃波PRP療法による治療を行っています。

IMG_3743.heic

​もっと見る

See more NAITO SEIKEI?