​もっと見る

See more NAITO SEIKEI?

​おすぐっどびょう

​オスグッド病

膝のお皿の下2〜3cm下あたりの痛みや骨の出っ張りが特徴です。

​成長期のスポーツを活発に行う男子に好発します。成長期は、急激な骨の成長に追いつかないことによって発生します。加えて、スポーツ活動による膝の靭帯の引っ張る力が繰り返される事によって発生します。

IMG_0090.jpg

オスグッド病の治療として、安静と太もも前の筋肉(大腿四頭筋)を柔らかくしておくことが重要です。

成長期には、ものすごいスピードで太ももの骨(大腿骨)が成長します。そのスピードに周りの靭帯などの柔らかい組織が追いつかず、太もも前の筋肉が硬くなりやすいのです。骨の成長は変えられませんが、太もものストレッチなどで筋肉の疲れや硬さを抑えることで予防や痛みの緩和をすることができます。

オスグッドバンドで、痛みのある箇所と膝のお皿との間にある靭帯を圧迫することにより、このバンドが滑車のような役割します。よって、太もも前の筋肉の引っ張る力を減らすことができ、痛みを緩和することができます。

​もっと見る

See more NAITO SEIKEI?