​ACL損傷

膝前十字靭帯は、すねの骨(脛骨)から太ももの骨(大腿骨)に付着する靭帯です。下の画像に見えるのは、一つは前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)と、同じく脛骨から大腿骨に付着するもう一つの靭帯は後十字靭帯(こうじゅうじじんたい)と言います。画像のように互いに十字の形に交差する為、十字靭帯と呼ばれています。

前十字靭帯損傷の多くは「非接触」(誰かとぶつかったりするのではなく、捻る・着地に失敗するなどの独りでの損傷)の損傷が多いです。

また、女性の受傷例も多いことで知られています。

IMG_0174.jpg

​特徴

​受傷時はPOP音(弾けるような音や感覚)、脱臼感、荷重・歩行困難があります。また数時間後に膝の中での出血で膝が腫れる事があります。

次第に不安定性や半月板・軟骨等の損傷が問題となります。衝撃が強い場合は断裂する事があり、年齢や周辺環境等に応じて保存療法・再建術が選択されます。

フィジオセラピー

​症状

着地動作を伴うスポーツとして「バレーボール」や「バスケットボール」が代表的です。このスポーツの特性上、これらの部活動を行う学生さんは本人が気づかないうちに前十字靭帯損傷・断裂の可能性を抱えていると言うこともできます。

着地時に「軽く膝を曲げた状態」+「X脚の形」で力が加わることで損傷することが知られています。

AM1A0072_edited.jpg

​リハビリ

​予防として、立つ姿勢が崩れている人は動作も崩れやすいです。立つ姿勢を整え、更に動く時に姿勢を安定させるための筋力も必要です。

この靭帯は、すねの骨(脛骨)の過度な前への移動を制動する役割を持ちます。ハムストリングス(太もも後ろの筋肉)はすねの骨(脛骨)が前へ移動するのに対抗する役割があります。リハビリテーションの中でこれらの筋肉の筋力強化を行うことが大切です。