​もっと見る

See more NAITO SEIKEI?

​かんせつりうまち

​関節リウマチ

​院長の内藤です。関節リウマチについての教科書的な知識は、ネットや書籍に情報が溢れていますので、このページでは現場で患者さんに直接接する医師としての考えを述べたいと思います。私が約30年前に医学生であった頃から、今現在までの間に、これほど著しく治療法が進歩した疾患は関節リウマチ以外に考えられません。それほどのパラダイムシフトが起きた数少ない疾患だと思います。関節が破壊され、車椅子や寝たきりになるのを待つのではなく、適切な治療を行えば寛解と言われる状態を維持する事も可能となりました。基本的には関節にある滑膜の炎症が病態ですが、関節だけでなく、肺、肝臓、腎臓などあらゆる臓器にも注意が必要なため、整形外科単科では到底太刀打ちできる疾患ではありません。リウマチ内科、呼吸器科、肝臓内科の先生達と互いに協力し合って治療するべき疾患です。最近では従来のリウマトレックスをはじめとする免疫抑制剤の他に、生物学的製剤やJAK阻害剤と言われる細胞内シグナル伝達を調整する薬剤も使用されております。

Small Title

This is a Paragraph. Click on "Edit Text" or double click on the text box to start editing the content and make sure to add any relevant details or information that you want to share with your visitors.

Small Title

This is a Paragraph. Click on "Edit Text" or double click on the text box to start editing the content and make sure to add any relevant details or information that you want to share with your visitors.

Small Title

This is a Paragraph. Click on "Edit Text" or double click on the text box to start editing the content and make sure to add any relevant details or information that you want to share with your visitors.

​もっと見る

See more NAITO SEIKEI?