こつそしょうしょう

骨粗しょう症、どのくらい知ってますか?

言葉自体は広く認知されていると思います。
 

当院に来る患者さんはほとんど女性で

「骨が心配だから骨密度を測ってほしい」と言ってこられます。骨密度が平均以上あると安心してしまいます。
 

しかし、骨の強さというものは、骨密度”骨質”で決まります。

骨質を測る機械は今のところなく、骨密度で代用せざるを得ません。

なぜ骨粗しょう症の治療をするの?

骨密度を上げることが目的でなく、

背骨の骨折や股関節の骨折を防ぐためなんです。
 

女性は閉経により女性ホルモンが減ってくると、

骨密度が急速に減ってきます。

骨粗しょう症を予防するには?

少しでも若いうちに骨を丈夫にしておく

骨の貯金)ことが大事です。

  • 運動習慣(ウォーキングなどの荷重運動)

  • カルシウムやビタミンDを積極的にとること

  • 日光に当たること(最低15分以上)

~院長より~

人生100年時代なんて言われつつある高齢化の時代です。

高齢になっても背筋をピンと伸ばしてしっかり歩けるようになりたいですよね!
背中が丸くなって車いすにお世話になるような老後を過ごさないためにもしっかり予防し、必要があれば治療するよう心掛けなければいけないと思います。
私も骨粗鬆症の治療に積極的にかかわっていきたいと思います。